本物の癒しを得るには「許す」こと

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

人間を苦しめるいろんな要素について考えを巡らせている本日。
でも、何が苦しいのかは個人差が大きいです。

人に見られているのが苦しみという人もいるし
逆に見られていないことが苦しみという人もいる。

どうしたらいい?

お金がないのに欲しいものがいっぱいで、我慢が苦しい人
逆にお金をどう使ったらいいのか分からず苦しい人もいます。
(本当にいるんですよ)

異性を魅了するようなスタイルでないことが苦しい人がいれば
それによって体目当ての人だけを寄せてしまうことが苦しい人もいます。

誰もが何かしら苦しんでいるのです。

変な言い方ですけれど
私たちは今ある現実にいろんな理由づけをして
そんなこと願っていない、理想としていない
これは本当の自分ではない!
そう思い、苦しむのです。

苦しみなんて所詮そんなもの。

そう思いつつも、
そんな中で一番苦しみが深いのって何かな

なんて考えていて。

分かったんです。

「許せない」ことこそが、人を一番苦しめるということが。

以前見たニュースで、おそらく中東でしたが
息子を殺害された母親が、息子の友人だった犯人の男性が
もう縛り首になる、という時に
犯人の頬をぶって、それで許し、死刑台から下ろした。
そんなことがありました。

いろんなところで話題になったので
もしかしたら見られたかもしれませんね。

件の母親は、息子が夢で
「自分はとても穏やかで幸せな場所にいる」と告げたそう。
もし犯人が死ねば、その犯人の母親が今度は同じ立場になる。
そう思い、許すことを決めたのだそうです。

その母親は、「彼を許したからこそ、心が楽になった」そう語ったそうです。

平手打ち

息子が殺される・・・絶対にあってはならない。
でも、起こってしまった。
どんなにか嘆き悲しみ、苦しんだことでしょう。

それでも、許すという決断をする。
それが彼女に「癒し」を与えたのです。
犯人も、そしてその母親も同じように癒されたことでしょう。

愛と許し。
これは同じこと。
そして許しだけが、深い悲しみ、そして怒りを癒すのです。

逆のことを言ってみましょうね。
許せないことがもしあなたにあるとしたら
それは恐らくあなたを苦しめている要因になっています。

あなたをひどい目に合わせた人たち。
あなたは何も悪くなかった、でも、それによって深く傷つき
その傷が今も痛み、忘れるなんてできない・・・。

それこそが本当に苦しい状態。
これ以上のものはないでしょう。

耐えられないほどの苦しみ、そして許せない思いは、
まるで毒のように人をむしばみます。
その傷がその人のアイデンティティになってしまうこともあります。
それは結果として人生を苦しみだらけにしてしまうのです。

そんな人がもしいらっしゃるならば
許しがあなたに訪れるようお手伝いをします。
許し、そして自分を癒し、穏やかな心を手に入れられますように。