「アルケミスト」という本

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

神秘的

この世の真実を自分の手に入れながら旅をしていった羊飼いの少年が主役の物語。
スピリチュアルな世界観があふれています。
後半にはアルケミスト(錬金術師)も出て来ますが、あくまでも主人公は羊飼いの少年。

全体的に静かで深い印象があります。
読み手も主人公と一緒に魂の旅をすることができるようです。
もし、あなたが今人生という長い旅の途中であれば
心に響き渡る言葉合溢れているのに気づくでしょう。

もし今あなたが人生の中で進むべき道に悩んでいるのなら
この中できっと答えを見つけられるでしょう。

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

ものすごく面白くて
あっという間に読み進め、終わってしまう感じ。

今から今から

これから人生を生きて行こう、という思春期の子どもに是非読んでもらいたいです。
けれど、どの年代でも必ず学びをもらえる、そんな本です。
心に刺さる言葉、納得できる内容、たくさんあります。

是非読んでみてください。