水晶はこう使う!パート3 上級向け

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

癒しグリーン

今日も引き続きいきましょう。

もしヒーリングに携わる人なら
是非上級向けにトライしてみてください。

クリスタルヒーリングではありませんが
知識不足が不安でも
安全に高い効果を得られる方法があるのです。

もし本気でヒーリングするのであれば

水晶の面でオーラをなでるようにするといいのです。
30センチほど身体から離れた部分をなでるのです。

遠隔を行うのであれば、そうするのだと決めてやります。
相手のエネルギーを引っ張る技術があれば
そのエネルギーに同じようにしてあげてください。

相手がネガティブオーラを持っていると分かるのなら
ポイントを剣に見立て

相手のネガティブエネルギーを切り取るように
動かしてみてください。

私はそうすることが多いので
ヒーリングには水晶を使うのです。

相手には言いませんが、分かる人には分かるようです。

特別なことをしてくださいましたか?
とか
頭がぼーっとして体が揺れるのですが
など、
そういう反応を伺うことがあります。

リラックスタイム

慣れてきたら
クライアントさんの身体に
1個だけ水晶を置いてみるのもいいですね。

その際には
「ヒーリングエネルギーがしっかりと効果を発揮するように
お手伝いをしてね」
「ネガティブなものをクリアにしたいから手伝ってね」

想いをきちんと石に伝えてから始めましょう。

水晶はパワフル。
エネルギーの増幅も浄化もOKです。

石はとても賢く、間違うことなどまずありませんが
浄化したい時はきちんと伝えた方がいいですね。

水晶は何にでも使えて
どのチャクラでもOK
どんな意図も理解してくれますよ。