水晶が生まれ出ずるところ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

山の中

今日は水晶が取れる場所のことをお話します。

場所によって好みも分かれることがあるようですが。

一番出回っているのがブラジル産。
誰でも安心して使用することができるもので
透明度がとても高いです。

質がよいのにリーズナブルっていうのが嬉しいのです。

インドの神様が好き、という方は断然ヒマラヤ。
少し高いですが、いいですよ。
インドには神様の名前が付いた山があります。
そこで取れたものであれば、産地にその名があるはず。

他とは違う濃厚な感じがあり、何だか頼れるのです。
透明感はイマイチ感じられないのですが・・・。

クラスターがたくさんあるのは中国産。
まるで細い剣が並んでいるようです。
透明度が高い物、マッドなもの、たくさんあります。

私は中国産もいいと思いますよ。
個性が強い感じはしますが。

大きくて高い透明度を誇るものは
そのほとんどが人工水晶です。
人口と天然の判断は難しいそうですが
きちんと表示をしてくれている優良店も多いです。

大きくて高い透明度のものは天然ならびっくりする金額です。
ですから、お手頃、と思ったら人工物だと思ってくださいね。

ぜひいろんなものを使ってみてください。
人の話よりも自分で体験する方がきっといいでしょう。

きれいなもの

ネットで試しに検索してみてほしいのですが
人の身長より巨大なものがあるそうなのです。

水晶が出る山の中のようなところで
おじさんがその巨大水晶の隣に写っているものです。

おじさんが妖精でなければ(笑)
何メートルもある水晶です。

本当にすごいんですから。

こういう写真を目にするとついつい自分も
水晶を取りたいと思ってしまいます。

観光ならば、水晶を掘らせてくれる所が
アメリカにはあるようです。

でも、本当に採掘をする場所は教えてもらえないんです。
ま、当然ですけどね。