石垣島の植物達

石垣島の植物達

こんにちは、フェアリーブルー店長のかつまたです。
夏に一押しのハーブウォーター、お試しいただけましたか?

~ ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ ~ *
石垣はっちゃんの ハーブウォーター
~ ~ * ~ ~ * ~ ~ * ~ ~ *

ハーブウォーターに使用している石垣島の植物とは
どんなものなのだろうと、知りたくなりました。

今回使用している植物は、
雲南百薬草、月桃、ローズマリー、桑の葉、つぼくさ、セイロンベンケイ、へナ、島シソ
です。商品ページでは植物名しか書かれていませんのでちょっと調べてみました。
静岡に住む私には聞きなれない植物が多くあります。

雲南百薬草は沖縄では食用としてお浸しなどで食べられているそうです。
ワカメのようにコリコリとした食感で、ミネラルが非常に豊富です。
コリコリした食べ物が大好きな次男に食べさせたいです(^^)/

セイロンベンケイには、炎症作用があり、
葉を切り取り、表向きにして土の上に置いておくと、
葉脈の末端から新しい芽が発生してくるんです。
努力はするが、なかなか芽の出ない人も、「幸運の芽」が出てくるということで
幸運の葉と呼ばれているそうです。写真を見てみると、葉の末端から小さな芽
が沢山生えて並んでいる様子が、子供達のようでかわいかったです。

つぼくさは、インドのハーブで、アーユルヴェーダの薬の中で最も重要な若返りのハーブです。
若返りと聞いて、嬉しくなりました♪

他の植物もまた調べてみますね。

冷房で乾燥した肌に、自然の植物のエネルギーを取り入れてみてはいかかでしょうか?
是非、是非、使ってみてください。