ありえないニュース・・・

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

びっくり

またまたびっくりニュースを知りました。
2014年9月23日のものですが・・・。

リベリアという西アフリカの国。
ギニアの南の小さな共和国です。
ここの新聞「デイリー・オブザーバー」の記事みたいです。
16歳の母親が2カ月の赤ちゃんを背負い畑に向かう途中
その子が「下りる」と言ったそうです。

まるで5歳児ぐらいはっきりしゃべって。
それだけでも「えっ?」なのですが。

母親が下ろすと、その子は一瞬にして大人になり、走り去ったのだとか。
今も行方は分かりません。

この母親、今まで何度か不思議な夢を見ていたそうなのです。
ニュースによりますと

………………………………

その夢は、その子と母親が街に出て、子どもに導かれてドアのない家に入るというもの。

そこで子どもは客に食事を振る舞っていたそう。

夢の中で子どもであるスミスくんは「この夢のことを誰にも言うな」と言っていたということです。

けれども母親は自分の母親にはそのことを話していました。

さらに夢の中ででは、どんな魔力も追い払う、としてその母親の母親を恐れていたらしいのです。
二人がどんな関係にあったのかはこれを読んでも分かりません。

この地域では、生まれながらに傷や奇形があると「暗黒の住人」と認定されます。
でも、スミスくんには何もなかったということです。

………………………………

父親は暗黒世界に関係している、と思っているそうです。

不思議な話ですよね。

都会では何でも説明がついてしまうので
自分が神秘的な惑星・地球に住んでいるのを忘れがちです。

でも、こういう記事を読むと知らない世界があるのだと謙虚な気持ちがわいてきます。

宇宙人

それにしても、何の力でしょう。
魔法・・・宇宙人・・・
どっちでしょう。

男の子はちゃんとそこの言葉をしゃべり
大人になってしまったらそこにもういられないのも分かっている。
常識みたいなものは持っているんですよね。

もしこれが日本だったら?
警察にはどういおう
戸籍はどうする?
法律としては、7年間生死不明なら死亡とみなされます。
でもきっと、その子って生きてますよね。

どこで物を手に入れ、どうやって生きていくのでしょう。

仲間がいるのかな・・・。

つい妄想してしまいます。