眠気などアチューメントやヒーリング期間の好転反応とは?

アチューメントやヒーリングを受けた後の好転反応について



「好転反応」や「めんげん」は本来なら存在しないものなのです。とはいえ、、、、時々ありますよね。そういう時の考え方をお話ししますね。

よくあるご質問で、「ヒーリングを受けた後に眠くなるのですが」とか「楽になるためにヒーリングを受けたのに、辛いことが蘇ってきて苦しくてたまりません」というお話をお聞きします。癒しを求めてヒーリングを受けたのに、効果があるどころか、、、、逆効果、、、、、、悲しくなりますね。
そしてこのような、ヒーリングを受けた後の期間に逆効果が出てくることを「好転反応」とか「めんげん」とか表現します。
多くはヒーリング中から終了後1週間くらいの期間に起きる事が多いようです。

症状としては、辛い悲しい気持ちが溢れてくるとか、妙に眠い、湿疹が出る、体調が悪くなる、本人にとって良くない出来事が起きる、、、、などなどがよく言われています。
こんな事があると、あのヒーリングには効果がなかったのかな、、とか考えてしまうかもしれません。
もしかしたらあなたも、そのようなことを体験した事があるかもしれませんね。

好転反応について

好転反応の正体とは?

ヒーリング期間中の好転反応にも、原因が何種類かあると思われるので、それを考えてみます。

1、ヒーリングで癒される前は、辛かったけれどそれなりのバランスが取れていました。例えば、、私は新幹線によく乗るのですが、その時に眠ってしまう事があります。新幹線で寝るにはコツがあるのですが、不用意に寝ると、頚椎がずれてしまいます。新幹線はごとんごとんという振動が絶え間なくあるので、間違った首の傾け方をして寝てしまうと、コンコンと振動の刺激を受けているうちに、頚椎がずれるのです。
新大阪で降りた時には、、、、首がとても気持ち悪い状態になっています。「しまった、、、、整体の予約をしなくては、、」と思いつつ数日過ぎてしまうと、首の気持ち悪さはなくなります。それは首のずれに合わせて背骨や腰がそれなりのバランスを取るために、ずれるのです。

このような状況で、首のずれを直すヒーリングだけを受けて、あるいは整体を受けて首の骨だけが整うと、、、そのもともとのズレ・不調に合わせて調整してわざわざズレていた背骨や腰のバランスが取れなくなります。それが原因となり身体は「バランス悪いよ〜」というサインとして、なんらかの不調を出して来ます。

下手にヒーリングを受けると、期間中にそのような事が起きる可能性があります。
これが「好転反応」と呼ばれる事があります。

眠くて何もできない

2、あるいは、、、そのヒーラーさんが頚椎のズレだけではなく背骨や腰のバランスも元に戻してくれたとします。するととても気持ちがいい感覚になる可能性もあります。ズレが長時間続いていた場合には、よりよいバランスになったにも関わらず、そのような状態を体験した事がないために居心地が悪い、と感じる事があります。不調が長い期間に渡っていると、新しい体験がよりよいもであっても、それに違和感を感じてしまう、ということがあるのです。

これが「好転反応」と呼ばれる事があります。

体調もイマイチだし

3、あるいは、ヒーリング期間中に新しいよりよいバランスに心身が調整された時、それまでせき止められていたネガティブなエネルギーが流れ出し、排泄され、浄化が始まる事があります。
今まで抑圧されていた感情の蓋が外れて、一番上の層が綺麗になった。そうしたら二番目の層の問題が浮上して来て、それが自己主張し始めた。というような場合です。
身体的に言うと、新しい傷が癒されると、その下に隠れていた古い傷が疼き出すような場合です。玉ねぎの皮むきのイメージです。

この期間に起きるこのような出来事が「好転反応」と呼ばれる事があります。

ヒーリングうけたのに

4、最近、もう一つのケースがあることに私は気づきました。
私が提供しているヒーリングでは、本来この期間に好転反応は起きません。起きてこないように作られています。それにも関わらず不調を訴える方がいらっしゃったりします。
また、感情などが浄化されて消滅していく際に本来は何も感じる必要はないので、ただ楽になる方が多いのですが、時々その浄化される感情を追体験してしまう方がいらっしゃいます。

なぜそのような「好転反応」と考えたくなるような事が最近起き始めているのか、、、不思議でした。
わかって来たのは、そのような方は非常に敏感で、エネルギーを感じる能力が高い方が多いのです。そしてご自身が高いヒーリング能力を持っている事がほとんどです。
エネルギーにより敏感になるのはヒーラーとしてはとても重要な大切な事ですが、このような方達はこの期間中にそれをリアルに感じ過ぎてしまうようです。

私の仮説は、その方のスピリチュアル系の能力がヒーリングによってアップしつつあるが、まだバランスがとれていないので感じ過ぎてしまったりすることが起きるのではないか、という事です。そしてなぜかこのような方達は、女性が多いです。

感じすぎるのではなく、心身を保護するために「眠い」状態になる方も多いです。こちらの方が楽ですし、日常生活に響かない範囲で眠くなるなら、助かりますよね。あなたもそういうタイプだとよいのですが。

これが最近増えている、能力ゆえの「好転反応」です。

能力ゆえの好転反応

ヒーリングで好転反応が出た時の対策は?

ではそのような時にどうしたらいいのでしょうか。

1番の部分的なヒーリングだったためにバランスが崩れている場合は、残念ながらヒーラーさんの腕がそこまでなので、もっと腕の良い、好転反応を出さないヒーリングが出来るヒーラーさんに診てもらうのがいいです。が、この判断は難しいですよね。
そのヒーラーさんで続けていいのか、変えた方がいいのかの判断は、私はこうしています。

まず、今の状況をそのヒーラーさんにきちんと伝えてください。その時に「ヒーラーさんの腕が悪いのではないか?」という疑問が湧いたとしても、それは口に出さない事です。ただ淡々と起きている状況、好転反応を伝えてみてください。
その時のヒーラーさんの反応が気持ちの良いものであれば、続けたらいいと思います。

良心的なヒーラーさんなら、正直にお話すれば、ヒーリング期間中の不調もヒーリンクしてくださるでしょう。そうすれば楽になりますよね。
過剰反応したり、怒り出したり、「それは好転反応だからしかたがないです」とバッサリ言われたり、「私はこんなにしてあげたのに」と言い出したり、「それを直すにはもっと料金がかかる」と言われたりしたら、そのヒーラーさんとは離れたほうがいいですね。
レイキその他の、特定の不調をヒーラーが特定して対応しにくいヒーリングでは、これは難しいかもしれません。

2番の新しいバランスになれるのに戸惑っている場合には、時間が解決してくれるでしょう。新しいよりよい状態に慣れるは、あなたは多少の期間がかかるタイプなのかもしれません。

もっと癒されたい

3番の、ヒーリング効果で次の浄化が始まりつつある場合は、実は私がヒーリングさせていただくとよくあるのですが、これは「好転反応」とは呼びません。ヒーリングがうまくいったためにあなたは次のステージに上がった。あなたの心身の傷は癒される快感を感じて、「それならこれもなんとかしてよ〜もっとヒーリングされたいよ〜」と訴えているのです。
このような場合には、あまり期間を開けずに次のテーマに取り組むのがいいと思います。

4番の、非常に敏感でエネルギーを感じる能力が非常に高い方の場合には、これは実はなかなか難しいのですが、私の場合には、その方の苦痛を取り除くヒーリングを継続しつつ、その方能力アップの方向性を探りながらお付き合いさせていただいています。優秀なヒーラーやエネルギーワーカーに育って行かれる方なので、丁寧に対応させていただく事になります。

私が主宰しているフェアリーブルーのヒーラー養成講座では、レイキを持っているけれどあまり効果がないとか、好転反応が出るので出ない技術がほしい、という方がよくいらっしゃいます。本当に効果のあるよい技術、好転反応のない技術を身に付けたいものですね。持っている技術の低さが原因になるような事はさけたいものです。