スピリチュアルカウンセラーになるには、どんな養成講座を選ぶべき?

スピリチュアルカウンセラーになるには、どんな養成講座を選ぶべき?

スピリチュアルカウンセラー

スピリチュアルカウンセラーとは、スピリチュアルな技術能力を使用し、トラウマなどを癒すために会話を通じてサポートする人をカウンセラーと言います。

最近、スピリチュアルカウンセリングの養成講座や、ヒーラー養成講座、チャネリングの養成講座など随分たくさん出来ました。カウンセラーの資格が取れる講座も増えています。
検索してみると、いくらでも見つけられます。

どの講座を受講したらいいのか、どの先生が自分と相性がいいのか、どのスクールが楽しいのか、本当に実力がつくのはどれなのか、どのようなスキルが身につくのか、サイキック能力についてはどうなのか、自分で本当にセッションを提供できるようになるのか、、、迷いますよね。

実は私は、師匠や講座を選ぶのに迷った事がありません。
明らかな直感が行くべき道を示してくれるからです。
でもなかなか直感に従えなかったり、直感がよく分からなかったりする方も多いようです。

そんな時に何を基準にして決めたらいいのでしょうか?

その前に、言葉の意味をはっきりさせておきますね。


スピリチュアルカウンセリング

スピリチュアルカウンセリングとチャネリングやリーディングはどう違うの?

リーディングとは、相手のエネルギーを読み取ることです。
オーラがどうなっているとか、チャクラがどうかとか、その方のエネルギーの一つの側面を読み取る事です。

チャネリングとは、高次元の神様のような存在や、クライアントさんのハイヤーセルフや守護神と繋がりを持ち、それらの存在から有益な情報をもらう事を言います。

スピリチュアルカウンセリングとチャネリングのセッションとは基本的にはほぼ同じ内容になると思います。
が、スピリチュアルカウンセリングと言うなら、カウンセリングの技法を使用して会話をするのが前提になるでしょう。

チャネリングの場合には、テーマをお聞きしてそのお返事をレポートにしてお渡しすることも出来るし、対面で質問に対しての神様のメッセージをお伝えすることも出来ます。
でもそこにカウンセラーとしての対応、自分によりそって自分の内側にある答えを導き出してくれるような対応は期待できません。

そしてひとつ問題なのは、カウンセリングと相談にのる事を混同している方が非常に多いのです。
カウンセラーは相談に乗ることはありません。最近では「カウンセリング」という言葉を「相談」の代わりに使用している方たちが随分増えました。カウンセラーは、数冊本を読んでみたくらいで出来るようになれるものではありません。
セッションの中でクライアントさんのトラウマが浮上してくる事が普通ですから、カウンセリングの技術がないとどうしたらいいのか分からなくなる事が多いです。

スピリチュアルカウンセリングは、スピリチュアルな知識を前提として、カウンセラーとして訓練を受けた人がサポートをします。
スピリチュアルカウンセラーが使用する、スピリチュアル系技術としては、基本的にはチャネリングやリーディングをする事が多いでしょう。

カウンセリングの技術

スピリチュアルカウンセリングなどで使用される技術

使用する技術や能力は、チャネリング、リーディング、ヒーリング、タロットカードや占星術、パワーストーン、などが多いようです。

対面でする場合には、パワーストーンやタロットカード、イメージ療法や、提供者が話しながら相手のエネルギーを読んで絵を描くなど、様々な方法が考えられます。
対面でなくても、スカイプやZOOM、カウンセラーとしてのメールのやり取りなど、工夫すればそのようなセッションを行うことが出来ます。

オーソドックスなカウンセラーは、そのような様々な技法は使わないのが普通ですが、スピリチュアルカウンセラーは、積極的に使う事が多いですし、それらのなんらかの技術がなければ、スピリチュアルカウンセラーとは言えません。

あなたがすでに何かスピリチュアルな技術を持っているなら、それも生かしていける方向で考えたいですね。
まだ何も技術がなくても、教えてくれるところはたくさんありますから大丈夫です。

そして、「生まれつきのサイキック能力が私にはないから、、無理かしら、、」と時々心配される方がいらっしゃいますが、サイキック能力はあるなら利用できますが、なくても問題はありません。


講座や先生を選ぶ基準

講座や先生を選ぶ基準は?

では、たくさんある講座の選び方です。

養成講座を受講すると、数ヶ月とか数年間とかその先生にお世話になるのですから、先生が好きかどうか、相性がいいかどうかはとても大切です。
私のお勧めは、その講座の先生のヒーリングやチャネリング、スピリチュアルカウンセラーのセッションなどをまず自分が受けてみることです。
もし1日講座や紹介講座などが開催されていれば、出席してみるといいですね。

また、その養成講座を卒業したスピリチュアルカウンセラーのセッションを受けてみるのも、とてもいいです。もちろん個人差は大きいですが、もしかしたら自分もその方のようになれるかもしれない、という未来像を想像する事が出来ますね。

それを空想してみて、しっくりこなければ、進むべき道ではないのだ、と思った方がいいです。

この時、ご自分の感覚にとことん正直になることです。養成講座やもらえるスピリチュアルな資格も随分多岐にわたりたくさんあるのですから、あなたにピッタリな養成講座が必ずどこかにあります。
焦らず、手間を惜しまずにピンと来るまで探しましょう。

そして有名な言葉がありますよね。

「弟子の準備ができた時、師匠が現れる」

これ、本当だなとつくづく思います。
まずは自分自身の準備が必要です。


能力と人格は別

間違えてはいけない事  能力と人格は別

よくある間違いの一つですが、
「性格はちょっと嫌なんだけど、サイキック能力はあるから、、、」という理由で相性の悪いスピリチュアルカウンセラーのセッションを受け続けている方が時々いらっしゃいます。
そして「あの先生にこんな事を言われたけど、、、」と傷ついて、余分なトラウマが作られてご相談に来られたりします。カウンセリングさせていただくと、サイキック能力だけはあるけれど、、、かなり残念な方だな、、という事があります。

トラウマを癒したくて行った先で逆に傷つくなんて、
本末転倒ですよね。

スピリチュアルな能力がある事と、人格が優れていることは全くの別問題です。
他の分野で考えてみるとわかりやすいです。
例えば、、、、税理士免許を持って仕事をしている事と、人格性格は別ですよね?
家具職人として一流である事と、人格性格も別ですよね?

先生業をしていると、人格や性格も素晴らしい事を期待される事が多いです。
スピリチュアルカウンセラーやヒーラーとしてセッションをしているとなおさら、そういう勘違いをされる方がいらっしゃいます。

スピリチュアルカウンセラーやヒーラーは、クライアントさんの未来に大きな影響をもたらす仕事ですから、人格や性格も良い人であってほしいのですが、なかなかそうはいきません。

でも、やはり能力と人格の両方を兼ね備えた人を探してください。
そういう先生・師匠を探すべきです。

素晴らしい人のふりをしている方は、一番始末が悪いです。

そして逆の立場から考えると、「私の人格・性格なんてどう考えてもそんなに素晴らしいものではない。だから私はスピリチュアルカウンセラーになってはいけないのかもしれない、、、」と思われるかもしれませんね。
でも大丈夫です。カウンセラーとしての訓練を受けることで、人格や性格も磨かれるのです。
不用意にクライアントさんを傷つけてしまうような事はなくなります。

どんな先生を探したらいいのかと言うと、

スピリチュアルのプロになっていく過程で、自分自身のヒーリングを徹底的にしている方を選んでください。
人は癒されれば癒されだけ、人格も性格もアップしていきます。
そしてしっかりとカウンセラーとしてのトレー二ングも積んだ人がいいです。
カウンセリングが本当に出来るか出来ないかは、とても大きな違いなのです。

もちろん私たちは人間ですから、完成された人格の人なんていませんが、
自分自身を成長させ続けている先生・師匠は見つけられます。
あなたにぴったりの養成講座は、必ずあります。


必要最低限の学び

プロになるために必要最低限の学びは?

そしてクライアントさんの役にたつには、最低3つの能力は必要です。
1、チャネリングかリーディング
2、できれば、その以外のスピリチュアル系の何かの能力
3、カウンセラーとしての技術
です。

1番は、出来なければ問題外です。

2番は、絶対に必要というほどではありませんが、何か他にスピリチュアル系の技術を持っていると、あなたの強みになります。
最初にも書いたように、占星術や占い、カードリーディング、ヒーリング、パーワーストーンを使用した何か、などなどたくさんの種類がありますから、あなたの好きなものを選んでください。

3番の、カウンセラーとしての技術も、私はこれが出来なければ問題外、と思っています。
自分の言いたい事だけを言い、クライアントさんの話しを聞く力のない、カウンセリングの技術や感覚を全くもたない人は、クライアントさんを傷つける可能性が高いのです。
カウンセラーとしての技術は、必須です。

少し極端に考えるとわかりやすいかもしれません。
サイキック能力やスピリチュアル系の能力に非常に恵まれているけれど、人格・性格に偏りがあり、カウンセラーとしての訓練も受けていないAさん。

サイキック能力やスピリチュアル系の能力はそこそこ普通、人格・性格に暖かさや愛があり、カウンセラーとしての養成訓練を受けているBさん。

あなたはセッションを受けるとしたら、AさんとBさんのどちらを選びますか?
癒されて人生がよい方向に変わっていく可能性が高いのは、Bさんの方です。


講座のお値段は?

講座のお値段は?

はっきり書いてしまいますが、安すぎるものはお勧めしません。
時々、

「スピリチュアルなんだから無料にすべき」

という訳のわからない事を言われる方がいらっしゃいます。
神様の世界、スピリチュアルな世界にはお金がないから、というのは理由になりません。
だって私たちが生きているのは、神様の世界ではありませんから。

「お金」というエネルギーを、「学ぶ」という事と交換するのですから、
良い養成講座がある程度の金額になるのは、あまりにも当然です。

スピリチュアルな上質の上級の学びが欲しいなら、それ相応の時間とお金を投資するのは、当たり前です。

高すぎるな、、、と思った時には、その養成講座の期間や内容などをもう一度チェックしてください。その内容に対して妥当かどうかの判断は出来ないかもしれませんが、その金額になっている理由は想像できるかもしれません。
それがあなたが受講したいもの、欲しい結果と比べてどうなのか、考えてみましょう。

そしてもし、あなたが選んだ養成講座に「カウンセリング概論」と「カウンセリング実習」が入っていなければ、あるいは非常にすくない時間しか割り当てられていないなら、カウンセラーとしての技術だけを教えてくれる養成講座に行かれる事を強くお勧めします。

なんどもしつこいですが「カウンセラーとしての技術」は必須です。


受講期間は?

受講期間は?

最近では短期間で講座が終了して終了書がもらえる、資格がもらえる、という所がとても増えています。
それは私たちが「早く資格が欲しい、何年も努力するのではなくて、簡単に早くがいい」と望んでいるからです。

でもよく考えてみてくだい。
数ヶ月とか5〜10回で「講師の先生がレクチャーすることは出来る」そして、
「それを聞いて一応スピリチュアルな知識を得ることは出来る」けれど、
「身につけるには長時間かかる」のが当然ですよね。

だから、お金を払って一応学んだけど、、、、アチューメントで能力も多少はつけてもらったけど、、、、何も出来ない、全く自信がない、、、

という事になってしまう。
そうすると、

では中級の養成講座に来てください。そこでしっかりと練習して身につけましょう。

という流れになる所が多いようです。

実はプロを養成するには長期間必要だけど、「短期間でできるようになりますよ」と言わないと生徒さんが集まらないのでそうしているのでしょう。

クライアントさんの未来を大きく変える可能性のあるスピリチュアルな技術を学ぶのですから、数ヶ月でプロになれるわけがありません。
数ヶ月でプロになれますよ、と宣伝している養成講座は、避ける事をお勧めします。

他にもまだまだ注意点はたくさんありますが、要するに「縁」なので、縁を感じたら先生に会いに行ってみるのが一番かな、と思います。