なぜ先祖供養に子宮の浄化が必要なのか?

先祖供養

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

昨日からご紹介している、お盆特別プロテクションに、
たくさんのお申し込みをいただいています(^-^)V



今年の一番の特徴は、

「子宮の浄化」です。

女性はエッチすると、男性の背負っているものを受け取るんですよね。
それ、感じた事ありますか?
実は私これ、、、、リアルに感じた事が何度かあります。
微妙な事なので、ここでお話しするのは難しいですが、、、、
いつかどこかでシェア出来たら、と思います。

そして結婚すれば、夫の家系が背負っているものを受け取ります。
一緒に背負う、と言う方が近いかもしれませんね。

それを毎月の生理で浄化するのです。

「結婚したらなんだか運が変わった」
という方は、パートナーの家系のエネルギーの影響を受けているのだと思います。

もちろん、運勢が良くなった方もいらっしゃると思います。
それもパートナーの家系のエネルギーが関係しているでしょう。

この仕組み、ものすごいなぁ、、といつも思います。
DNA、血筋に流れているものは、すごいです。

というわけで、先祖供養・家系のDNAの浄化をするなら、
女性が身体を張って毎月頑張っている浄化、
その根本である「子宮」を浄化しなくては、片手落ちです。

生理が重い傾向の方、
子宮卵巣に不調のある方、
もしかしたら、、、、家系のカルマが関わっている可能性があります。

もちろん、子宮卵巣系の不調の全てに、家系のカルマが関わっているわけではありません。
決してそんな事はありません。

ただ、可能性があるので、

一年で一番、ご先祖様関係の浄化に効果が期待できるこの時期、
ぜひ、受けてくださいね。