死ぬ前の精神状態が死後の魂にどう影響するのですか?

観音リンク

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

先日、母がガンで手術をした、というお話を書いたのですが、
その中に、

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
あの世に旅立つ時の精神状態が、
向こうでの魂の状況にかなり影響があるようですから、
あの世に行ってからもサポートしてくれる神様リンクは、
本当に心強いです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

と書いたので、これについて

「死ぬ前の精神状態が死後の魂にどう影響するのですか?」

というご質問いただきました。

それはとっても簡単な事です。

私たちも、何かでものすごく楽しい事があると、
その楽しい感情のままにしばらく過ごしますよね。
例えばその時に電話がかかってきたら、
きっと明るい楽しい声で電話に出るでしょう。

仮に目上の人に怒られたような事があると、
その時に誰かから電話がかかってきたら、
いつもの明るい声で対応するのは、難しいかもしれませんよね。

単純に言うと、これと同じです。

死ぬ時には、一生分の記憶が全て棚ざらえされると言います。
過去の全ての自分の体験を、総復習するわけです。

ある1人の人物がいます。
その方の最後が、幸せなものと、苦痛に満ちたものと2通りあったとします。

その1
その総復習の最後に「良かった。幸せだった。辛いことが多かったけど最後は身内の愛を感じられたなぁ」
と思ったとすると、
「私の人生はなかなかよいものだったのだな。
よい最後を迎えられて幸せだ」と、過去の苦労が浄化されるかもしれません。

その2
その総復習の最後に「辛い。痛い。さみしい。人生を通して苦労が絶えなかったし、最後まで私はこんな思いをするのだな、、、、」
と思ったとすると、
「私の人生は苦労と苦痛しかなかった。最後までひどいものだった」
という総括をするかもしれません。

肉体を離れた魂は、お迎えが来てくれていることもあるようですね。
とにかく、あちらの世界に行きます。

そして、その時の魂の波動と同じ波動の次元に行くようです。
自分と同じ波動の次元に行き、そこでまた魂のメンテナンスをしたり、
次の学びに供えたりするのだそうです。

ですから、もちろん常日頃の魂レベルがベースにありますが、
その上に、死ぬ時の自分自身や自分の人生に対する思い、評価、感情、などが影響して、
魂の落ち着く先が決まるようです。

だから、肉体を去る前にどのような体験をしたのか、
それをどう感じ、どう評価したのか、ということが、
死後の世界での行き先をある程度決めてしまうのです。

というわけで、看取りは大切な大切な魂の仕事なのです。

という意味でも、その方にご縁のある神様リンクをつけて差し上げるのは、
とてもとても価値あることだと思います。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
日本人の心のふるさと、観音リンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

うちの母も、いくつか神様リンクなどをつけさせてもらったら、
なんだかちょっと元気です。

では。