魔法のブレスレットと「女神」の関係

女性性・母性・家族

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ストーンヘンジの魔法のブレスレット
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

フェアリーブルーはどうしても私自身の霊的な何かを大きく反映してしまいます。
それは当然の事ですね。
と前置きしつつ、またまた個人的な話になるのですが、

ここ数ヶ月、大きな激しい流れの中に自分がいるのを感じています。
次々と勃発する様々な出来事に対応しつつ、
全く関連なく起きていることだと思っていた事が、
実は根っこで繋がっているらしい、、、
という事に気づき始めたのが、2週間ほど前でした。

この流れは私をどこに連れて行くのかしら?
と見ているのですが、

それはどうも「女性性」や「母性」「家族」のテーマらしいのです。



そして別の話ですが、
聖地巡礼の旅を今年はイギリスのセントマイケルズ・レイラインにする、と決めた時、
セントマイケルズ・レイラインに関する資料や、
グラストンベリー周辺の情報、
アーサー王伝説とマーリンの詳しい資料、

などなどなど。
ずいぶん沢山の本や資料を手に入れました。
その中に、申し込んだものの「手に入りません」という事で、
キャンセルにされた本がありました。
「グラストンベリーの女神たち」という分厚い真面目な本です。
どう検索しても販売している書店がなく、だめかーーーと諦めました。

土曜日の夜、なんとなくアマゾンを見ていたら、
なんと、その本が販売されているのです。
びっくりして即座に注文。
そして今日届きました。

最初に申し込んだ時には、タイトルに「グラストンベリー」が入っていて、
しかも「女神たち」ですから、嬉しくなって注文しました。

1週間ほど前から、女性性とか母性とは、どのようなものなのか、
「女神」というものはいったい何なのか、を深く知りたくなり、
必死で調べていたのです。
そして、女性性や母性を持つ存在を「女神」と言うのかな、という気がしています。

そうしたら「グラストンベリーの女神たち」を販売しているのを見つけました。

なるほど。
以前はまだ、私はこの本を手に入れる段階ではなかったのでしょう。
今は興味や探求が少し深まってきて、
この本を手に取る事が出来るようになった。

という事なのだと思います。

ストーンヘンジのブレスレットは、どこでエネルギーを入れる事になるのか未知ですが、
グラストンベリーになる可能性もあります。
グラストンベリーでエネルギーを入れるとしたら、
女神さまのエネルギーになるのかもしれません。

女性性や母性、そして女神について、
今はまだちゃんとお話できる段階ではないのですが、

イギリスから戻ってきたら、何か少しはまとまった事をご報告出来るかもしれません。

その時、あなたの腕にこのブレスレットがあるといいな、と思います。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ストーンヘンジの魔法のブレスレット
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

では。