導きに従うこと

導きに従うこと

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

紀行文を読んでくださり、ありがとうございます。
そしてお土産もあっという間に売れています(^-^)V

まだまだ面白いものがたくさんあるのです。
でもお休みが入るので、
もしかしたら連休明けになるのか、、、
ページが仮にできたら早めの公開になるのか、、、、

メルマガでお知らせしますので、
注意しておいてくださいね。



偶然はないのだな、と思います。
偶然ではあり得ない。
高次元のどなたかが、仕組んでくださった。
私はたまたまそれにうまく乗る事が出来たのでしょう。

直感などでもたらされる導きに従う、
というのはこういう事なのかな、と思います。

「多分こうした方がいいのよね。間違いなくそうだろうな」
と思う事、ありますよね。
理由はわからないけれど、そうに違いないと思える。

それが「導き」だと思います。
そして、それが「出来ない理由」もたくさんある。

私にもあります。
本当にたくさんの「出来ない理由」がある。

でも、
「決めてしまえばきっと何かが動くはず」とのんきに決断して、
「どうしたら可能になるかな?」と考えます。
それで大抵の事は、道が開けます。

それだけでいいのかもしれません。

出来ない理由と戦うのではなく、適度に折り合って行く。
完璧主義なんて、現実の前ではいともあっさりと崩れ落ちる運命ですから、
あちらもこちらも、適度にゆるゆると対応して、
決めてしまった事に向かって進んでいく。

そういう事なのかな、と思う最近です。

また次の紀行文、ご案内します。
お楽しみに~