キッチン魔女の心得1

キッチン魔女の心得

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

最近生野菜が本当に高いですよね。
生野菜が主食の私は、とーーっても困っています(T△T)

それで代わりに(なんで代わりになるのか、というツッコミはスルーして)、
市場に行くたびに渋柿を買って、吊るし柿にしています。
日々、窓辺の吊るし柿が1本づつ増えています。
楽しいです(=^・^=)

吊るし柿、つまり干し柿は優れた保存食ですよね。
しかも作り方がものすごく簡単で、
失敗がなく、間違いなく美味しいです。

今日友人と話していたのですが、
西洋の方の保存食は、例えばトマトはソースにして瓶詰めにするとか、
キュウリなどはピクルスにして瓶詰めにするとか、
そういう感じのものが多いですよね。

でもそれは、瓶が簡単に手に入る時代になってからの事のはず。
それ以前は、、、チーズやバターも保存食の一種でしょうか。
ハーブ類は干して保存しますよね。

他には、、どんなものがあるのか、今度調べてみます。
そういえばドライトマトがありましたね。
あれは本当に美味しいです。

日本の保存食は、干し椎茸や切り干し大根、
干し芋や吊るし柿などの、干して乾燥されるものがたくさんあります。
それから、醗酵。
納豆や味噌、漬物などは優れた保存食です。



市販の食料が信頼できない今、
そしてたくさんの食材が出揃う秋、
自作の保存食を作るのにとてもいい季節になりました。

「市販の食料が信頼できない」というのは同意してもらえますか?
販売されている食品、とくに加工食品は、
人間が食べていいまともな食べ物とは言えません。
中国産よりはマシ、だなんて言わないでくださいね。
どちらがマシなのか微妙なレベルですから。

そんなお話も少しづつさせていただきたいのですが、
それよりも今は、

干し柿や干し芋を作りましょう~(=^・^=)

「干す」というのは「太陽」のエネルギーをチャージすることです。
太陽の「陽」のエネルギーをたっぷりチャージさせて、
冬、とくに冬至に備えてくださいね。

それからきっとそのような食材は、
インフルエンザや冷えによる心身の不調を和らげるのに、
活躍してくれると思います。
食べるヒーリングになると思います。

化学調味料=薬品づけの食料と、
太陽のパワーをチャージした食料と、
身体がどちらを喜ぶのか、考えれば簡単な事です。

秋は太陽のエネルギーをチャージさせた、干し芋や干し柿を作る。
それがキッチン魔女の心得その1です(^-^)V

では。